消費税の軽減税率って思っているより深い沼な気がする

消費税10%引き上げによる食料品の軽減税率について、いろいろ問題が浮上しています。
特に問題なのが、テイクアウトできるお店のイートイン。
店で食べると外食と見なして10%、テイクアウトなら8%。
そもそも同じ商品を買うのに税率が異なるというのがもう大問題だと思うのですが。
おかげでイートインできるスーパーやコンビニは大わらわのようです。
でもこれ、スーパーやコンビニだけの話ではないですよね。
ファーストフードはもちろんのこと、今はイートインできるベーカリーも多いですし。
さらに問題なのは、ショッピングセンターやスーパーの片隅にあるような屋台風の小さい店。
普通は屋台で買って、その場で食べますよね。
この場合どうなるんでしょう。
歩きながら食べる場合は?
もちろん持ち帰って家で食べる人もいるでしょうし。
世の中にはいろいろな売り方もあるし、いろいろな食べ方もあるんです。
やっぱり同じ商品を買うのに、食べる場所食べ方で税率を変えるというのが無理あるんです。
食料品はきっぱり全品軽減税率にするか、そもそも財源が足りなくて増税するのだから軽減税率になんてせず、他の方法で低所得者を支援するか、ちゃんと考えてもらいたいものです。今日お金を借りるならどこがいい?