一人でいると声をかけてくださる人がたくさんいます。

今にも雨が降りそうな天気の中、自治会主催の川の清掃大会が本日予定通り、行われました。
私は時間を勘違いしていたせいもあって少々遅れて後からの参加となってしまいました。先に参加されていた前に住む奥さんに遅れてごめんねと大きな声で挨拶をしました。
いいよいいよとの声にちょっと一安心でした。
ただそのあとその前の奥さんが、我が家の横に住む隣の奥さんの配慮のなさを吐き出していました。そもそも隣の奥さんというのは一人ではいられない人で二人でないとだめという人なんですね。三人もダメなんです。皆でたまには話してもいいのに一人の人を確保するとその人を独占する人なので前の奥さんが目の前にいてもおはようの声掛けをするゆとりもなくなってしまうのです。
常々、私自身も隣の奥さんのことはどうして3人4人で会話ができないんだろうと不思議でした。
おはようの一声を発せればおはようという言葉を返せるのに。
私自身、一人でいるのは苦痛なこともありますが案外一人でいると人が声をかけてくれるものなんですよね。ちょっと教えてあげたいななんて思っちゃいます。